334 Healthy Hygienic Feeding

当たり前ですが、良い栄養を摂ることは子どもの成長に必要不可欠です。赤ちゃんや幼児のために、あなたが愛情を込めて作った食事には、市販のどんな食べ物も敵いません。しかし、赤ちゃんの免疫系はまだ発達途中です。菌にはまだ弱いのです。
衛生管理をしっかりと行うことで、子どもがバランスの取れた栄養をたくさん摂取できるようにしましょう。ここでは食事にまつわる衛生管理についてまとめていきたいと思います。

  1. 子どもに手洗いの習慣をつけさせる
    食事の前に手を洗うことは腹痛や病気の予防として効果があります。
  2. 哺乳瓶を殺菌する
    殺菌剤やマイクロ波スチーマーなどで哺乳瓶の清潔を保つ。また、粉ミルクを使用する場合は水にも注意。日本の水道水は比較的安全とされていますが、使用する場合はカルキを抜くために水を沸騰させましょう。
  3. 衛生的な場所で食事を作る
    子どもが固形食へ移行したときに重要なのは、衛生的な場所で食事を作ることです。キッチンの衛生管理はしっかりと行ってください。また、食べ物に完全に火が通っているかを確認しましょう。

食品衛生を向上させる3つの秘訣


  1. 食事を準備する前に手を洗う
    手についてしまった細菌で食品を汚染しないようにしっかり手洗いをしましょう
  2. キッチンを清潔に保つ
    食事を準備しているキッチンの調理台などを抗菌の洗浄剤などでしっかりと拭き、菌の繁殖を防ぎましょう。
  3. 食器などを洗うスポンジ、布を清潔に保つ
    食器を洗うスポンジや布にも有害な細菌が付着しているかもしれません。毎日、殺菌剤に浸すか、細菌が死滅する温度の60度以上のお湯で洗浄しましょう。
  4. 子ども用の椅子を清潔に保つ
    小さい子どもは食事中によく食べこぼしをしてしまいます。こぼした食べ物が椅子に付着した場合はしっかりと拭き取りましょう。