豚インフルエンザ

~新型インフルエンザH1N1~

4211 H1N1

新型インフルエンザH1N1は知らなくても、「豚インフルエンザ」という名称ならば聞いたことがあるのではないでしょうか。このウイルスが最初に発見されたとき、豚が媒介するインフルエンザウイルスに似ていたので、そう呼ばれています。
2009年に世界中に拡がったインフルエンザの大流行は、メキシコで発生した豚インフルエンザが原因でした。さいわい当初考えられていたほど深刻なものとはならず、2010年に世界保健機構はこのインフルエンザ流行の終息を宣言しました。
しかし、豚インフルエンザの危険性がなくなったわけではありません。この新型インフルエンザH1N1は高齢者、妊娠中の女性への感染を繰り返す傾向があり、特に心臓、肺、腎臓、肝臓に疾患を持っている人は、合併症の危険性も伴います。

原因

豚インフルエンザは、季節性インフルエンザ同様、うつるインフルエンザウイルスです。感染者との直接接触や、感染者が咳やくしゃみをしたときに放出したウイルスを含んだ空気を吸い込んだり、また、感染者が触れて汚染したところを触ることによって感染します。
潜伏期間は4~6日間とされていますが、成人ならば感染してから1日で発症することもあります。豚インフルエンザも、潜伏期間を要するために、感染したことを認知する前に、ほかの人にうつしてしまう可能性があります。
回復までに要する時間は、成人の場合で5~7日、子どもは2週間くらいと言われています。

症状

豚インフルエンザの症状には次のようなものがあります。

●筋肉痛
●疲労感
●喉の痛み
●咳
●発熱
●鼻水
●下痢または嘔吐
●頭痛
●息切れ

予防のヒント

1.予防接種を受ける

豚インフルエンザウイルスに対する予防接種は、たいてい季節性インフルエンザの予防接種に含まれています。妊婦中の人や、感染すると危険性が高まる人は予防接種を受ける必要があるでしょう。まずは専門医に相談してください。

2.規則的に手を洗う

石鹸と水でしっかり手を洗い、手と指を清潔に保つことは感染の拡大を防ぐ上で重要です。

3.ティッシュを使う

くしゃみをするときはティッシュで鼻と口を覆い、使ったティッシュはゴミ箱へ捨ててください。もしティッシュを持っていない場合は、手ではなく肘で覆いましょう。

4.よく触れる場所を消毒して清潔を保つ

インフルエンザウイルスは、通気性のない無孔製品の表面では48時間まで生存します。ドアノブ、調理台、電気のスイッチなど、よく触れる場所を消毒して清潔にすることはとても重要です。

5.接触排除

豚インフルエンザウイルスへの感染を防ぐため、感染者への接触はできるだけ避けましょう。また豚インフルエンザにかかってしまった場合は、ウイルスの蔓延を防ぐために人との接触を避けてください。

最後に。豚インフルエンザへの感染の疑いがあるときは、医師または医療機関に問い合わせましょう。

FAQ

健康であれば豚インフルエンザには感染しないのでしょうか?

豚インフルエンザウイルスには、健康な人も年齢に関係なく感染しますが、高齢者や病人、妊娠中の女性は特に感染の危険性が高まります。

季節性インフルエンザと豚インフルエンザの症状は違う?

豚インフルエンザと季節性インフルエンザの症状は非常に類似しています。ただし、豚インフルエンザにかかっても発熱しない人もいます。まずは医師に相談してください。

61 Healthy Hands

健康な手

健康維持のために最も重要な予防策は、ミューズの総合ガイドでどのように健康な手を保てばよいかを知り、あなたと家族を病気から守ることです。

あなたと家族を感染から守るために、清潔で健康的な手を保つ総合ガイドをまとめました。

41 About Germs Illness Prevention

病原菌と病気予防策について

細菌および病気や感染症を引き起こす病原菌の拡散の防止について、知っておくべきこと

332 Toddlers Guide To Handwashing

幼児向けの手洗いガイド

幼児に正しい手洗いのテクニックを教る一方で、ミューズで家族を健康に保つ衛生の秘訣

ページトップにもどる